pickup

そろばんといえば昔から習い事として根強い人気があり、全国に教室が開かれています。

 

しかし習い事として昇級・昇段を目指すのではなく、受験に活用することを前提としてそろばんを身につけさせる塾があります。

 

それがそろばん塾ピコというものです。

 

詳しく知らない方も多いと思うので今回はそろばん塾ピコの概要や特徴、さらに大都市にある教室の月謝について調べてみました。

  

スポンサーリンク

そろばん塾ピコとは?

「そろばん ピコ」の画像検索結果

そろばん塾ピコとはフランチャイズのそろばん塾で、加盟しているのは500教室、通っている生徒は1万人とかなり規模の大きい塾です。

 

ピコの創業者は京大生が個別指導を行う塾の代表者で、働いている京大生にアンケートを取ったところ、小さいころにしていた習い事の第2位がそろばんでした。

 

この結果からそろばんと受験には相関関係があると睨んでこのピコを始めたそうです。

  

スポンサーリンク

そろばん塾ピコの特徴は?

「そろばん ピコ」の画像検索結果

そろばん塾ピコならではの特徴を3つに分けて説明していきましょう。

 

①受験対策のそろばん塾

そろばんといえば習い事で昇段・昇級を目指しますが、ピコではあくまでも受験対策が目的となっています。

 

そのため中学受験や将来はハイレベルな大学への入学を目指す生徒が多く、年長や年中から始める生徒も多いです。

 

平均と比べるとこれは早めのスタートと言えるでしょう。

 

小4~小5くらいまでには2級を目指すことが大まかなゴールとなっています。

 

②個別指導そろばん塾

そろばん塾ピコは個別指導をしています。

 

教室にもよりますが、先生1人に対し生徒は5~7人程度です。

 

先生は主婦が多く、ピコのゴールでもある2級を取得している人が中心です。

 

ピコの先生は本部が提供する研修を受けているので指導力に問題はありませんし、さらに採用の際には年中などまだ理解力が弱い生徒に対しても分かりやすく教えることができるかも見ているため、先生の質は高いと言えます。

 

③受験で使える右脳を作り上げる

そろばん塾ピコでは右脳によって数学を捉えることができる生徒を育むことを目標にしています。

 

一般的に数学の問題を解くときには左脳が使われますが、そろばんを習っていると計算を右脳で処理できるようになります。

 

これはそろばんではイメージで数学を処理するためです。

 

そのため左脳に比べてスピードと正確性がある数的処理をすることで受験に有利に働くことを目指します。

 

スポンサーリンク

 各都市のピコの教室と月謝は?

「そろばん ピコ」の画像検索結果

そろばん塾ピコはフランチャイズのため全国各地に加盟校があります。

 

そこで今回は大都市にあるピコをいくつかピックアップし、教室の特徴や月謝についてまとめていきます。

 

①東京

昭島駅前校

・特徴

元気があって明るい雰囲気の教室で、生徒さんはいつも笑顔で来てくれるそうです。授業中は真剣に集中して取り組んでいます。1人1人に向き合って指導しており、分からないところがあるときは丁寧に教えます。

・開講コース(1コマ50)

週2コース 月謝\5300

週1コース 月謝\4800

フラッシュ暗算は週1コースで月謝\1500円。11015分程度。そろばんの授業のあとにオプションのような形で受けることができます。

 

府中本町校

・特徴

府中本町駅から徒歩1分、府中駅から徒歩12分のところにあるアクセス抜群の教室です。開講したばかりの綺麗な教室です。姿勢が悪かったり集中できていないときは厳しく指導するものの、何より「そろばんは楽しい!」と思ってもらえるような指導をしています。

・開講コース(1コマ50分)

週2コース 月謝\5600

週1コース 月謝\5300

フラッシュ暗算は週1コースで月謝\1500円。11015分程度。そろばんの授業のあとにオプションのような形で受けることができます。

 

 

②大阪

石切校

・特徴

先生の目が届きやすい小さな教室で開かれています。先生はとても優しく生徒のペースに合わせて丁寧に指導してくれます。個別のカードを通すと教室の入退室が保護者の方にメールでお知らせされるので安心して通わせられます。

・開講コース(1コマ50分)

習い事両立コース(月6回) 月謝\3600

ドンドン進級コース(月8回) 月謝\4800

フラッシュ暗算は週1コースで月謝\120010・9級に合格した人のみ追加オプションで受けることが出来ます。

 

北巽教室

・特徴

子供が大好きな主婦の先生が多く、教室はアットホームな雰囲気です。小さな教室なので常に1人1人に気を配ることが可能で、ひとりも取り残されることなく成長できます。はじめての人でもマンツーマンで指導してもらえるので心配ありません。

・開講コース(1コマ50)

週2コース 月謝\6000

週1コース 月謝\5000

フラッシュ暗算は週1コース\1000で、オプションとして受けることが出来、1回につき時間は10分ほどかかります。

 

 

③兵庫

宝塚小林校

・特徴

数字の読み書きができ、一人で座れる場合に限り幼児でも通うことが出来ます。検定15級から賞状がもらえるので達成感を味わえてモチベーションにつながります。都合で授業に行けなくでも振替は無料で、翌月にも振り替えられます。

・開講コース(1コマ50)

週2コース 月謝\5000

週1コースもありますが月謝は問い合わせが必要です。

フラッシュ暗算は月4回で月謝は\1300円です。

 

川西中央教室

・特徴

受験に役立つ暗算力を身につけてIQを高めつつ小学校5・6年までに珠算と暗算の1~3級を取得することを目標にしています。日本商工会議所の珠算検定1~3級に合格するとトロフィーがもらえます。これは大きなモチベーションになりますね。

・開講コース(1コマ50)

週2コース 月謝\6400

週1コース 月謝\4800

 

 

④京都

宇治校

・特徴

生徒がみんな「できた!」と言って自分に自信を持つことが出来るようにそろばんの技術を教えることはもちろん、挨拶や教室に入るときは靴を揃えることなど、社会のルールも厳しく教えています。

・開講コース(1コマ50)

週2コース 月謝\5500

週1コース 月謝\4400

フラッシュ暗算は週1コースで月謝\1950、週2コースで\3150で、そろばんが終わったあとに10~15分ほど稽古をします。

 

洛南教室

・特徴

洛南教室の生徒には1年半ほどで珠算3級を取得した小学2年生や、2桁×7口のフラッシュ暗算を10秒で出来てします小学1年生がおり、実績がしっかりある信頼度の高い教室です。

 

・開講コース(1コマ50)

週2コース 月謝\5000

週1コース 月謝\3500

フラッシュ暗算は月4回コースで月謝\1300、月8回コースで\2000です。そろばんの授業時間に10分プラスされます。

 

 

⑤福岡

前原駅前校

・特徴

1人の先生に対して6人までの生徒を教えます。そのためつまずいたまま取り残される心配はありません。そろばんにある程度慣れた生徒にはフラッシュ暗算コースを始めて情報処理能力を鍛えることをおすすめします。

・開講コース(1コマ60)

週2コース 月謝\4000

週1コース 月謝\3000

フラッシュ暗算は週2コースで月謝\1000、週1\700でそろばんコースのあとで10~15分延長して行われます。

 

 

愛宕南校

白を基調とした綺麗な教室で、最大21名に対し講師は3人で指導しています。人数が多いので活気があります。日によって異なりますが、講師1人に対し3~7人での個別指導です。

・開講コース(1コマ50)

週2コース 月謝\4900

週1コース 月謝\3800

月6回コース 月謝\4350

フラッシュ暗算は週2コースで月謝\1100、週1は\700、月6回コースは\900で1日あたり10~12分プラスして行われます。

 

 

⑥仙台

宮町校

・特徴

私立の難関中学や中堅中学などの適性検査の受験勉強が始まる小4までに準備段階として習わせる方が多いようです。受験に役立つ暗算力を身に付け、早目に珠算・暗算の2・3級を取得して受験勉強に切り替えることを目標にしています。

・開講コース(1コマ50)

月8回コース 月謝\4800

フラッシュ暗算は月4回のみで月謝\120010分ほど普段の授業にプラスされます。

 

 

⑦名古屋

原校

・特徴

未就学児の指導にも力を入れており。未就学児を対象とした週1回コースを始めました。またピコ協賛のセミナーを行うなど、そろばん以外の活動も活発な教室です。

・開講コース(1コマ50)

未就学児コース(週1回) 月謝\2800

通常コース(月8回) 月謝\4500

フラッシュ暗算は月4回コースで月謝\1260で、授業のあとに10分プラスされます。

 

 

そろばん塾ピコの特徴まとめ

「そろばん ピコ」の画像検索結果

最後にそろばん塾ピコの特徴についてまとめておきましょう。

 

①基本的な理念・教え方はどこも同じ

全国にある教室はどこも講師1人に対して生徒が7人ほどの少人数制で、昇級も大事ですが何より受験に役立つそろばんを身に付けることを重要視していました。

 

そろばん塾ピコならばどの教室でも同じクオリティの内容を受けられるということですね。

 

②月謝は教室によって異なる

授業の内容はどこも同じですが、月謝は教室によって大きく異なります。

 

立地の条件などもあり、だいたい週2回コースで40006000円と2000円ほどの差があります。

 

③フラッシュ暗算をオプションでつけられる

フラッシュ暗算のコースを通常の授業のあとにオプションとしてつけることが出来ます。

 

時間は1015分ほどで、月謝はだいたい1000円ほどです。

 

ただしこれはある程度そろばんの技術が身に着いた人のみ受けられます。

 

 

まとめ

「そろばん ピコ」の画像検索結果

そろばん塾ピコはそろばんを習っていた京大生の勉強法に基づいたシステムでそろばんを教えている塾です。

 

授業は受験に特化した内容になっており、右脳でイメージを使って計算処理をすることを目標にしています。

 

早い人だと年中から始められるので、中学受験をさせたいと考えている方は受験勉強の1つとしてピコに通わせることを選択肢の1つとして考えてみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事