pickup

2019年も2月になりました。

 

この時期は、新しい生徒が入塾してくれたり、長年教室に通ってくれた生徒が卒業したり。

 

喜んだり悲しんだり、感情も忙しくなる季節です。

 

卒業した生徒以上に、新入生を増やそう!!

 

毎年そう思って、たくさんの入塾者を増やそうと色々考える大仏先生。

 

少しだけですが、2019年大仏先生の生徒の集め方をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

そろばん教室の生徒の集め方

みなさんのそろばん教室では、どのような方法で新入生を集めていますか?

 

新聞折込?

ポスティング?

ホームページ?

口コミ?

 

色々な生徒募集の方法があると思います

 

大仏先生のように田舎に教室をかまえている方は、新聞折込やポスティングなどが有効ではないでしょうか。

 

都会に教室をかまえている方も、新聞広告・ポスティングなど効果はあると思いますが、SNSを利用した生徒募集はいかがでしょうか。

 

最近では、多くのそろばん教室がホームページを作っています。

 

そのホームページを宣伝するために、Yahoo・Google・Facebook・twitterの広告でアピールします。

 

都会では田舎よりSNSを利用している方も多いので、そういう方達にアピールするという点ではSNSの広告はかなり有効ではないでしょうか。

 

各SNSの広告の打ち方は、Google先生でお調べください。

 

スポンサーリンク

そろばん教室のチラシはつまらない

新聞折込にたくさんの業種のチラシがはいってきますが、大仏先生は基本的にチラシはみません(笑)

 

特にインパクトもないし、何より文字が多い。

 

朝からゆっくりチラシを眺めている時間はありません。

 

そろばん教室のチラシも例外ではありません。

 

平成も終わりに近づいているのに、いまだに昭和の頃と同じ謳い文句を使用している教室が多すぎる。

 

多くの教室がチラシに入れる文言として

 

  • そろばん教室
  • 生徒募集

 

これは当然なので気にはなりません。

 

しかし

 

  • 記憶力
  • 集中力
  • 右脳教育

 

などなど。

 

もちろんそろばんを学べば身につく能力ですが、こればっかりアピールしすぎじゃないですかね。

 

否定をするわけではありませんが、日本中の9割以上のそろばん教室が同じようなチラシを作成しているでしょう。

 

もう平成も終わっちゃうし、新しいスタイルのチラシに変更しませんか?

 

スポンサーリンク

大仏流チラシ作成ポイント

大仏先生がチラシを作成する際、特に意識しているポイントをご紹介します。

 

まだ2019年の生徒募集チラシを作っていない方は、ぜひ参考にしてください。

 

文字数は少なく

大仏先生が作成する生徒募集チラシは、極力文字数を少なくすることを意識しています。

 

ここぞとばかりに、文章を書きまくっているチラシありますよね?

 

いくらそろばんに興味があって始めようと思っていたとしても、チラシに書かれていることを全て読む方は少ないのではないでしょうか。

 

大仏先生が作成するチラシは、自分自身が文字の多いチラシが嫌いなので、かなり文字数は少ないです。

 

インパクトが大事

数あるチラシの中で印象に残すためには、インパクトが大事になります。

 

『そろばん教室』と書かれたチラシがあっても、「あ~そろばん教室ね」で終わってしまっては意味がありません。

 

どうにかしてチラシに興味を持ってもらわなければなりません。

 

そのために、インパクトはかなり大事になってきます。

 

誰に見て欲しいチラシなのか

みなさんはチラシを作成する時に、ペルソナをしっかり設定していますか?

 

そろばん教室の生徒募集を見て欲しい方は

 

  • 小さいお子様のいるご家庭
  • 特にお母さん

 

ここまでは誰でも思いつくかもしれません。

 

大仏先生は、さらに細かく設定します。

 

  • 日中仕事して、帰ってから家事に励むお母さん
  • 朝早く起きて、子供のお弁当を作るお母さん
  • 旦那さんに不満のあるお母さん

 

など、毎日大変な思いをしているお母さんをターゲットにチラシを作成します。

 

そんなお母さまたちに、そろばん教室のチラシで少しは癒してあげよう。

 

そんな事を考えてチラシを作ってみてください。

 

大仏先生が悩んだ末に作成したそろばん教室チラシ

大仏先生が特に意識するポイントは

 

  • 文字数は少なく
  • インパクト大
  • お母さまを癒す

 

この3点を意識してチラシを作成してみました。

 

もう一度言います。

 

  • 文字数は少なく
  • インパクト大
  • お母さまを癒す

 

これを全て盛り込んだ、2019年そろばん教室のチラシがこちら。

 

 

どうですか(笑)

 

頭を悩ませた結果、こんな事になっちゃいました(笑)

 

この絵の下に、教室名や電話・メールアドレス・ホームページ・地図を書いて終わり。

 

さきほど挙げた3点を、全て盛り込んだチラシです。

 

ちなみに、大仏先生の教室では書道も教えていますので、こちらのチラシになります。

 

 

文字数はかなり少ない。

 

インパクトはこれ以上のものはない。

 

お母さまたちは、壁ドンにキュンとする。

 

大仏先生が思う完璧なチラシです(笑)

 

生徒募集のチラシはこだわろう

そろばん教室の生徒募集チラシは、だいたいが似たようなものです。

 

子どもの絵があって、右脳とか暗算力とか書いてあって。

 

授業日・授業時間などが書いてあって。

 

それがそろばん教室のチラシテンプレートかもしれませんが、それにこだわる必要はないと思います。

 

教室らしさを存分に表現できるチラシの方が、絶対にいいです。

 

バカにする方もいるかもしれませんが、確実に食いつく方もいます。

 

大事な事は、チラシで食いつかせて、一度教室に来てもらう事です。

 

多くの方に「ふ~ん」と思われるのか

 

一人でも「この教室気になる!」と思わせるのか

 

どんなチラシを作成するかは、あなた次第です。

 

チラシを使いたい方いますか?

こんなチラシを作成したい方はいないかもしれませんが、もし画像を使いたい方がいましたらお安く販売いたします。

 

1000円でお譲りいたします

 

大仏先生までご連絡いただければ、メールでお送りします。

 

詳しくは、soroban.fumetsu@gmail.comまでご連絡ください。

 

一人でも連絡が来ることをお待ちしております。

 

そろばんを習う方が増えるよう、そろばん界みんなで盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク
おすすめの記事