pickup

一家に一台パソコンがある時代になり、人気が下降気味になったかと思われた「そろばん」

 

しかし昔から『読み書きそろばん』と言われるように、子供達にとって必要なお稽古事だと再認識され、人気が高まってきています。

 

単なる計算能力だけでなく、集中力や観察力を育てられる点などから、お稽古事として根強い人気を誇っています。

 

全国各地にたくさんあるそろばん教室ですが、たくさんありすぎてどこに通わせようか迷いませんか?

 

今回はそろばんを習うメリット、そろばん教室の選ぶポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

そろばんで何が身につく?

そろばんは、昔から続く人気のお稽古事です。

 

そろばんは単に計算力が身につくだけではありません。

 

そろばんを習うと、集中力や注意力、情報処理能力といった能力の向上が期待できます。

集中力と注意力

そろばんでは進級するにつれて、桁数の多い暗算では難しい問題の計算も行います。

 

桁数が増えれば増えるほど、指先をミスなく何十回と動かすことになります。

 

さらに検定試験や大会では制限時間もあるため、正確性だけでなくスピードも求められます。

 

正確かつ素早い作業の繰り返しは、集中力や注意力を向上させる効果が期待できます。

情報処理能力

そろばんでは、読まれた計算問題を聞き取り、その場で計算する「読上算(よみあげざん)」という種目があります。

素早く情報を聴き取るインプットの力。

 

正確に処理して答を出すアウトプット。

 

読上算は、インプットとアウトプットの力が同時に養われると言われています。

 

このように聴く力、計算力、正確さ、スピードは、情報処理能力を身につけるために非常に効果的と考えられています。

 

集中力や注意力、情報処理能力というのは、算数・数学だけではなく、あらゆる学習において基礎となり役立つものです。

 

さらに、学生の間の勉強する時だけでなく、社会に出てからもずっと役立つスキルでもあります。

 

そのような能力を総合的に高められる点が、そろばんの大きなメリットです。

スポンサーリンク

そろばん教室を選ぶ時のポイント

そろばん教室を選ぶ時に、大切にしてほしいポイントがいくつかあります。

 

そのポイントをおさえている教室を選んだ方が、子供の成長スピードも格段に変わってきます。

目的に合った教室選び

まずは、目的に合った方針の教室を選ぶことが大切です。

 

検定にどんどん挑戦し、検定に合格するのための練習がメインなのか。

 

暗算力を重視した指導をしているのか。

 

中学受験などに役立つ計算力を身につけることをメインにしているのか。

 

教室によって、指導方針はさまざまです。

 

習う目的を明確にして、それに合った指導方針の教室を見極めましょう。

指導者との相性も大事

指導者との相性も、教室選びでは大切なポイントです。

 

最近は、そろばんの低年齢化がどんどん進み、小学校入学前から習い始める子供達も多いです。

 

わからない時に、丁寧に教えてくれる面倒見のいい先生のいる教室を選びましょう。

上級者や有段者の多い教室を選ぶ

上級者や有段者の多い教室は、間違いなく先生の指導力が高いです。

 

同じ教室に上級者や有段者がいる事は、目標の存在に少しでも近づこうと頑張る目的が出来ます。

 

上級者や有段者は、検定だけでなくさまざまな大会にも参加します。

 

そこで賞状や大きなトロフィーをもらう姿が、とても格好良く見えます。

 

『大会でトロフィーもらいたい』というモチベーションにもつながります。

 

その他にも、お稽古の曜日や毎月の授業料、お稽古日を振り替えてくれるかなど、教室によって全く違いますので、一度教室に行き体験させてもらう事をおすすめします。

スポンサーリンク

そろばんを習ってみましょう

そろばんを習うことは、メリットしかありません。

 

そろばんを習う事で色々な能力を育てる事が出来ます。

 

その中でも、特に素晴らしい能力が【暗算力】です。

 

頭の中に計算機があるのと同じようなものですからね。

 

小数点の計算まで、頭ですぐに計算できるようになります。

 

そろばんを習うなら、暗算力を身につけてくれる教室がオススメです。

 

頭のなかに、誰にも取られない宝物(暗算力)を作りませんか?

 

スポンサーリンク
おすすめの記事